2016年04月28日

ひび割れかかとのお手入れ方法

今年流行りの編上げサンダル買っちゃった(〃∀〃)♪

これからの時期、素足でサンダルとか、
プールで裸足になったりするから
足のお手入れは欠かせないよね〜


特にかかととか乾燥してガサガサとか恥ずかしいから
どうやって皆お手入れしるのか調べてみた。



これでどこで裸足になっても恥ずかしくないゾ!
posted by さとみ at 14:18| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月27日

占い無料で結婚を調べてもらった

占いが好き(*´ω`*)♪

ネットでは無料で占えるサイトがけっこうあるので、たまに使ってます。

今回見つけたのは、電話で占いができるところ。



初回1000円分のお試しが付いていたので、気軽に登録してみました♪

電話占い初回登録.PNG


トップページの新規会員登録をポチって、
電話占い.PNG
名前
生年月日
4けたの好きな数字を使った暗証番号
メルアド

を入れました。


メルアドはドコモ、au、ソフトバンクの携帯会社のキャリアメールの他に、
ヤフーとGメールのフリーアドレスが使えたので、私はヤフーメールを登録しました。


占い会員登録.PNG


性別をチェック、
悩み事は、結婚にチェックして次へ進むボタンをポチると、
登録内容の確認になるので、登録ボタンをポチッ。



たったコレだけでした(*´∀`*)



肝心の占い結果ですが、
今年の終わりに良い縁があるそうです(*゚∀゚*)♪


良い結果だったので、信じることにします(笑)


占いが好きな人は電話もけっこう面白いですよ。
↓ ↓ ↓




posted by さとみ at 22:50| Comment(0) | おすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月21日

美白ケアに欠かせない紫外線ケアは早めに始めるのが一番!

紫外線はスキンケアにとっては大敵!
特に白い美肌を目指しているなら、紫外線ケアは欠かせませんよね。

私もアラサー女子として、しっかり今年から紫外線ケアをしようと、色々調べてみました(*・∀・*)


紫外線が及ぼす肌トラブルは、シミだけでなく、しわ、たるみ、毛穴、ヘアケアとも深い関わりがあり、きちんと対策しておかないと肌や髪の『光老化』が加速してしまうんですって!

biyou_hada_kansou_kona.png

日焼けをすると、肌のDNAがダメージを受けてしまい、たるみやシワ、しみなどの衰えが起きます。
髪も紫外線に当たると乾燥してパサつきや抜け毛などの原因になりますし、目も白内障の原因の約20%は紫外線が原因ということも。

意外かもしれませんが、目が紫外線を受けると脳にシミのもとである、

『メラニン色素を作れ!』

と指令が出て、いくら肌を紫外線ケアしてもシミができる可能性ができてしまうんです。



紫外線には2種類あり、肌の外と中に与えるダメージが違います。
UVB・・・赤くヒリヒリしたり、黒く色素沈着を起こす
UVA・・・コラーゲンを壊し、肌の弾力などを低下させ、たるみやシワの一因に


紫外線は夏場だけと思っている人が多いようですが、実は紫外線は一年中降りそそいでいるんです。
ピークは7・8月ですが、陽射しの強くなってくる4月からはしっかり紫外線ケア、美白ケアを行うのがベストです。



また、晴れの日でなくても曇りや雨の日にも紫外線は降っています。

快晴100%として、
くもり・・・60%
・・・30%

普段からUVカットの晴雨兼用傘を使うのも良いかもしれませんね。



日中は出かけないわという方や、電車内、内勤など室内にいても実は日焼けしている可能性が!
紫外線の一部、UVAはガラスを通り抜けてくるので、窓のそばにいると日焼けして肌の老化が進んでしまう可能性があります。
スキンケアの一環として朝のスキンケアに日焼け防止のものを取り入れるようにしましょう。



<日焼け止めの種類>

王道は日焼け止めクリームですが、最近はスプレータイプ、乳液タイプ、ファンデーションがよく出ています。
最近では、海外セレブなどから人気が出て常識となりつつあるらしい、飲む日焼け止め(サプリメント)が話題で、紫外線を浴びることで発生する活性酸素をコントロール、肌ダメージやシミのもとであるメラニンの生成を抑えたりしてくれる効果があるようでネットなどで手に入るようになってきています。




ところで日焼け止めに書かれているSPFやPAってどんな意味かわかっていますか?

SPF(Sun Protection Factor  紫外線防御指数)

UVB波をカットするレベルを表しています。
日焼けし始めるまでの時間を素肌と比較して、何倍に伸ばせるかの目安です。
SPF50ならば素肌のままより、日焼けするまで50倍時間を伸ばせるということ。


PA(Protection Grade of UVA  UVA防御指数)

UVA波をカットするレベルを表しています。
+が多いほどレベルが強く、効果が高いです。

日本ではSPF50+、PA++++が一番強いです。


しかし、一番強いものをずっと使えばよいかと言うと、それは間違い。
効果が高いものはその分、肌への負担が大きいので敏感肌や乾燥肌の人は注意が必要です。
日常的に使うならSPF20、PA++くらいで大丈夫です。
海などアウトドアのレジャーなどは一番強いものを使うほうが良いかと思います。

また、日焼け止めコスメの成分は紫外線吸収剤紫外線散乱剤の2種類あり、これらが肌あれや乾燥の原因となりますので、普段使いならばノンケミカル(吸収剤不使用)のものを選ぶと良いかと思います。


<日焼け止めの正しい塗り方>

日焼け止めの塗り方.png
まずは化粧水などで水分を補給。

日焼け止めは顔ならばおでこ・頬・鼻・あごにおいて、擦り込むと肌への負担がかかるので、伸ばして抑えるように塗る。

重ね付けするとむらなく塗れます。


また、汗や皮脂、服などの摩擦で取れてしまうのでだいたい3時間程度で塗り直すように心掛けましょう。




そんな肌への刺激がなにかととりだたされる紫外線ですが、紫外線を浴びることのメリットもあるんですよ(*゚ー゚)b

紫外線を浴びることで、免疫力を高めるビタミンDを体内で合成する作用があります。
他にはカルシウムやリンの吸収を促し、骨などに沈着するので、成長期のお子さんや妊婦&授乳中には多少の陽射しは受けても良いそうです。



ご自分の肌と相談しながら、適度に紫外線を浴びて、肌トラブルにならないようにケアしたいですね。

皮膚科の処方と同じ成分のハイドロキノン配合美白スキンケア






posted by さとみ at 21:52| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする





さとみの日記」の先頭へ